フロアコーティングの特徴

バナー

フロアコーティングの特徴

フローリングは手入れ方法を誤るとせっかくの綺麗な床材も傷めてしまいます。

フロアコーティングは新築の時のようなきれいな状態を保つことが出来、掃除や手入れも楽になります。

フロアコーティングには様々あり、その特徴によって、目的や場所に応じた種類のものを選ぶことが出来ます。

耐久性の高い素材の無機系コーティングであるガラスは、耐久年数が約20年以上もあり、長期間保護することが出来ます。
また床材の膨張や収縮にも強い特徴があります。

見た目の光沢やツヤを気にするならUVコーティングが、ペットを飼っている人で滑りにくい素材がいいのなら、シリコンコーティングが向いており、水や薬品に強いことから掃除がしやすい特徴があります。

爪の傷から守りたいのならUVかガラスによるものを選ぶといいでしょう。
出来るだけ安く抑えたい場合にはウレタンコーティングがあります。

ただ耐久年数が5年から10年で他の素材と比較して短めです。



仕上がりがどのような感じになるのか実際に見ることも大切です。

埼玉のフロアコーティングの情報検索をお役立てください。

例えばUVコーティングは光沢が強すぎてまぶしく感じるという場合もある為確認が必要です。

納得のコトバンク情報サイトです。

フロアコーティングをする際には業者によって違いがあることから、インターネットなどの評判ではなく客観的な機関による試験などを参考にして選び、よく比較することが大切です。

また、資料などをもらっておくといいでしょう。

あまりに安すぎたり、説明に納得できないような業者は避けるべきでしょう。